東洋佐々木ガラスが生産する主なガラス

強化グラス 「HS」ハードストロング 業務用強化
グラスのトップブランド

東洋佐々木ガラスの「HS」ハードストロングは安全性・耐久性に優れた強化グラスです。

HS  50周年

Point1 安全性重視の設計思想

「HS」は安全性を重視した強化方法です。全面物理強化グラスが突然爆発する問題を解決しました。どのような場面においても安心してお使い頂けます。

Point2 優れた技術による高い耐久性

「HS」には、口部物理強化加工と口部イオン強化加工がありどちらも強固な強化層により優れた耐久性を誇ります。

Point3 業務用食器洗浄機に全点対応

「HS」は業務用食器洗浄機、家庭用食器洗い乾燥機に安心してお使い頂けます。

Point4 国産初、45年以上の歴史が信用の証し

国産初の食器用強化グラスとして、1967年の発売以来、業務用グラスの定番として繰り返しご使用頂いております。

強化グラス「HS」ハードストロングは、このマークを目印にお選びください。
食器用グラスの主な強化方法

強化方法は、物理強化/イオン強化に大別されますが、
いずれの方法もグラス表面に圧縮応力を発生させて強化します。

※全面物理強化グラスは当社では取り扱っておりません。

物理強化
強化の種類 HSHS口部物理強化グラス 全面物理強化グラス
強化方法 加熱急冷によってグラス表面に圧縮応力を発生させて口部の強化のみを行う方法です。 加熱急冷によってグラス表面に圧縮応力を発生させてグラスの表面全体を強化する旧来の強化方法です。
特色

グラス断面図イメージ従来のイオン強化グラスに比べて強化層(圧縮応力層)が約0.3mmと厚く、長期間使用しても、使用中につく傷からグラスを守ります。 グラス断面図イメージ加熱急冷によってグラス表面に圧縮応力を発生させてグラスの表面全体を強化する旧来の強化方法です。


HS口部物理強化グラス破損時必要な部分にのみ強化することで、突然爆発する全面物理強化グラスの問題を解決。破損しても口部のみ強化しているため、普通のグラスと同じような割れ方をします。 全面物理強化グラス破損時耐久性は高くなりますが、突然爆発し破片が広範囲に飛び散る場合があります。
イオン強化
強化の種類 HSHS口部イオン強化グラス HSHS全面イオン強化グラス
強化方法

化学的な処理により、グラス口部または全面に圧縮応力を発生させて強化する方法です。

特色

グラス断面図イメージ口部の薄いタンブラーなどにHS口部イオン強化加工を施すことにより、口部の耐久性を大きく向上させることが出来ます。
グラス断面図イメージステムウェアなどの複雑な形状のグラスにHS全面イオン強化加工を施すことにより、製品全体の耐久性を大きく向上させることが出来ます。


HS口部イオン強化グラス、HS全面イオン強化グラスのどちらも、普通のグラスと同じような割れ方をします。

全面物理強化グラスのように、突然爆発するような破損はおこしません。

■その他の弊社が生産するガラス

ファインクリスタル ファインクリア
ファインクリスタルイオンストロング HSハードストロング
ページのトップへ戻る