グッドデザイン賞

Gマーク

グッドデザイン賞は、1957年に通商産業省(現・経済産業省)
によって創設されたグッドデザイン商品選定制度(Gマーク
制度)を母体とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・
推奨制度です。
現在は公益財団法人日本デザイン振興会が運営し、グッドデ
ザイン賞の受賞を示すGマークにより”デザインの良さ”を推奨
し、社会とデザインのコミュニケーションを図っています。

1957年第1回受賞  冷茶碗

現在は非売品でありGマーク対象品ではありません。

東洋佐々木ガラスは、第1回グッドデザイン賞(1957年)での受賞をはじめとして、その歴史とともに、およそ300アイテムにもおよぶグッドデザイン受賞品を生み出してきました。そして、現在も多くのグッドデザイン賞やロングライフデザイン賞の受賞品を製造・販売しています。
これからもグッドデザイン賞を通じて、社会に優れたデザインを提供し、生活者の共感を得られる商品づくりに取り組んでまいります。

受賞歴
2015年 たなごころ
2014
2014年 ポッテ
2014
2014年 キッチンデリ
2014
2012年 スリール
2012
2010年 マイデリカG
2010
2009年 パローネ
2009
2009年 ディアマン
2009
2008年 オーディン
2008
2006年 高瀬川/琥珀
2008
2006年 高瀬川/琥珀
2006
2006年 リオート
2006
2006年 ウォーターバリエーション
2006
2005年 フィヨルド
2005
2002年 漬け上手わが家のかくし味
2002
1983年 モダンリビング・アクセント
1983
1982年 灰皿
1982
1976年 パブ
1976
1974年 HSスタックタンブラー
1974
1963年 なぎさ
1963