一般事業主行動計画

次世代育成支援推進対策法に基づく一般事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づき、子育てしやすい職場環境を目指して次の行動計画を策定する。

1、計画期間

  • 2015年4月1日から2018年3月31日まで

2、計画内容

  • 体験活動などの機会の充実を図るため、子供の工場見学受け入れ体制及び職業体験生の拡充を行う。(第2期行動計画の継続)
    No. 目標達成のための対策 対策実施日
    1 「ガラス体験教室」開催を幅広くPRする。 2018年3月31日まで
    2 子供が親の働いているところを実際に見る事ができる子供見学会を実施する。 2018年3月31日まで
    3 近隣小中学校への見学受け入れの呼びかけを継続する。 2018年3月31日まで
  • 出産、育児に関わる社内規定、制度を周知し、出産、育児に対する理解を深める。
    (第2期行動計画の継続)
    No. 目標達成のための対策 対策実施日
    1 出産から育児に関わる社内規定、制度について解りやすくまとめたパンフレットを定期的にPRし、出産育児に対する理解を深める。 2018年3月31日まで
    2 子どもの出産がある社員にたいし、個別に社内制度、社会保険制度の説明を行なう。 2018年3月31日まで
    3 会社保養施設を見直し、育児等の支援サービスを利用できるアウトソーシングによる福利厚生制度の導入を検討する。 2018年3月31日まで

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

「女性活躍推進法」に基づき、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定しました。

1、計画期間

  • 2016年4月1日から2021年3月31日まで

2、当社の課題

  • 工場現業職においては、ほとんど女性が採用できていない。
  • 中堅社員研修において女性社員の受講率が低い。
  • 昇格選考試験において女性社員の受験率が低い。
  • 3、計画内容

    • 工場現業職での女性採用を年間1名以上とする。
      No. 目標達成のための対策 対策実施日
      1 労働環境的に女性不可の職場はないことを積極的にPRし、女性現業職の求人門戸を広くアピールする。 2016年4月から
      2 現業職の学卒求人において、学校に対して女性の採用を広くアピールする。 2016年7月から
    • 中堅社員研修における女性受講率を5%以上とする。
      No. 目標達成のための対策 対策実施日
      1 中堅社員研修における受講対象資格女性社員から受講指名者を増やすために所属上司に受講を促す。 2017年10月から
    • 職能資格制度における昇格選考試験の女性受験率を高める。
      No. 目標達成のための対策 対策実施日
      1 昇格選考試験の対象女性社員に対し、受験を促す啓蒙をする。 2016年8月から

    4、女性活躍推進法に基づく「女性活躍に関する情報公表」

    • 労働者の一月当たりの平均残業時間2016年4月現在

      全体7.1時間 | 9.2時間: 総合事務・技術職、一般事務職 | 5.9時間: 現業職

    • 採用した労働者に占める男性・女性労働者の割合2016年4月現在
      職種 男性 女性
      総合事務・技術職、一般事務職 50% 50%
      現業職 90% 10%