ガラス製品を、永く、美しく、安全にお使いいただくために、
以下の注意事項をお守りください。

1.ガラスの種類に関する注意

ガラス製品には、一般のガラス、クリスタルガラス、物理的強度を高めた
強化ガラス、熱に対する体制を高めた耐熱ガラスなどの種類があります。

クリスタルガラスは耐熱ガラス、強化ガラスではありません。大切にお使い下さい

強化ガラスは耐熱ガラスではありません。急激な温度変化(特に急冷)で割れることがあります。ガラスが熱いうちに冷たいものを入れたり、ぬれたところに置かないで下さい。


※耐熱ガラス製品には用途区分があります。
 ご使用の前にそれぞれの「耐熱ガラス製品の取り扱い説明書」をよくお読みください。

2.ガラス食器に関する注意 - 一般のガラス・クリスタルガラスに共通の注意

洗う時のご注意点

使い初めは洗浄して下さい。
密閉外装ではありませんので、ガラス食器の使い初めは中性洗剤などで洗ってください。

洗浄時の注意
ガラス食器は中性洗剤なので洗ってください。その際ガラスを傷つけるおそれのある研磨剤入りスポンジ、金属たわし、クレンザーなどを使用しますと破損の原因になります。使用しないでください。(ガラス食器に使用できるクレンザーもあります。品質表示などでお確かめの上ご使用ください。)
手洗いの際の注意
ガラスの内面を洗う際は十分にご注意ください。内側から力を入れてひねり洗いしますと、破損し思わぬケガをすることがあります。柄付きのスポンジのご使用をお勧めします。

食器洗浄機使用の際の注意
食器洗浄機は正しく使用してください。洗剤のアルカリ成分がすすぎきれずにガラスに残るとガラスをくもらせます。洗浄液が残らないように十分にすすいでください。すすぎが不十分な場合は、ガラスを取り出した後十分な水量の温水を使用し手洗いで最終すすぎをすることをお勧めします。


洗う時のご注意点
急激な温度変化による破損の注意
ガラスは急激な温度変化(特に急冷)で割れることがあります。ガラスが熱いうちに冷たいものを入れたり、ぬれたところに置かないでください。
電子レンジでの使用禁止
「電子レンジ用」と表示されているガラス器以外は電子レンジで使用しないでください。
ナイフ、フォーク、スプーンなどの投入禁止・保管禁止
ナイフやフォーク、スプーンなどをガラスの中に入れたり、ガラスをナイフやフォークやスプーンの保管用に使用しないでください。ガラスを傷つけ思わぬ破損の原因になります。
ガラスの傷の注意
ガラス製品は傷がつくと破損しやすくなります。ガラスどうしあるいは硬いものとぶつからないように扱ってください。
積み重ね注意
ガラスを積み重ねますと、破損したり外れなくなったりします。スタック専用のガラス以外は積み重ねないでください

3.ガラス花器・灰皿使用上の注意

ガラス花器は定期的に洗浄してください。
ガラス花器に長期間水を入れたままにしますと、水垢などがこびりつき落ちなくなりますので、適宜に洗ってください。
灰皿は定期的に洗浄してください。
ガラス製の灰皿を長期間洗わないと、汚れが落ちなくなりますので、適宜に洗ってください。
吸殻の火を確実に消してください。
吸殻の火を確実に消してください。灰皿に吸殻をいっぱいにためたり、灰皿の中でモノを燃やさないでください。熱により破損する恐れがあります。